インコ

「鳥を飼っている夢」を見る。そんなこともあると思います。その鳥が「飼い鳥」の定番であるインコ、たとえば色鮮やかな羽毛が特徴的なセキセイインコである場合、夢占いをしてみるとどんな診断結果が得られるでしょうか。

インコは「飼い鳥」として親しまれているので、夢に登場するとき、多くの場合は肩にのったり、鳥かごの中でさえずっていたりという感じだと思います。このように、夢の中でインコと良い関係を築いているということは、現実世界で部下や後輩といった人たちと良い関係を築いていることを意味しています。インコは優しく可愛がる対象、つまり「目下の人」を表すのです。
インコと仲よく生活している夢は、たとえば職場や学校で部下、後輩といった人たちと良好な関係を築き、満足すべき環境の中にいることを表しています。
一方、「実は部下や後輩とうまくいっていないことを察している」という人もいるでしょう。
そのような人がインコの夢を見るとき、インコは鳥かごが小さすぎて苦しそうにしていたり、羽をケガしていたり、死んでしまったりするという内容になります。
夢の中でのインコとの関係、現実に照らし合わせて考えてみるといいでしょう。

食べられる鳥の夢は吉夢

ちなみに、同じ鳥でも、たとえばニワトリなどが出てきてこれを食べる夢を見た場合。
食べるということは、ニワトリは死んじゃっているわけですから「良くない夢か」と思ってしまうかもしれません。
しかし、同じ鳥でもニワトリのような「食べられる鳥」を食べている夢は、「吉夢」とされます。
この場合、ニワトリは「良い知らせ」を表すとされ、それを食べることは「良い知らせが舞いこんできそうな予感」を表すと考えられます。
また、「ニワトリが卵を産んだのを見た」という内容の夢は金銭的にラッキーな出来事がありそうだということを表します。
このように、インコやその他の鳥は夢占いでさまざまな意味を持ちます。
どんな鳥だったか、何をする夢だったか、覚えておくと正確な夢占いができるでしょう。