怪獣

日本には映画などで有名な怪獣がたくさんいますが、それらの怪獣、あるいはオリジナルの怪獣が夢の中に登場することがあります。映画では着ぐるみやCGで表現される怪獣も、夢の中ではリアリティを持った存在感で迫ってくるでしょう。このような夢からは、どのような診断結果を導き出すことができるのでしょうか?

不安感や不快感、恐怖感

夢占いにおける怪獣は、不安感や不快感、恐怖感を意味すると解釈できます。
街を踏みつぶしたり、あなたに目をつけて追いかけてきたりする怪獣……逃げまどっているうちに目が覚めた、という夢の場合には、あなたが現実の世界で不安感や恐怖感に追いかけられていることを意味します。
特に不安感は大きなウェイトを占めていると考えることができます。仕事や人間関係、その他さまざまなところで感じている不安感が膨らみ、夢の中に怪獣となって登場するのです。
子どもの場合は、親との関係が変わり始める時期に怪獣の夢を見るようになるケースが多いといいます。
特に家庭で接する機会が多い母親への反抗心が芽生え、注意されたとき「うるさいなー」と感じるようになる頃、その感情が夢の中で怪獣となるのです。

怪獣は精神的に圧迫する物?

ただし、そのほかの多くの物と同じように、同じ怪獣が出現する夢でも、自分が怪獣とどのように向き合うかで診断の結果は変わってきます。
「追いかけられる」という夢だった場合は上に書いた通りですが、一方で「怪獣を完璧にしつけて従わせている」という内容の夢を見ることもあるようです。
こちらの場合は、不安感や不快感、恐怖感などを上手にコントロールできていることを意味します。
現実世界で困難な場面にぶつかっているとしても、感情面では慌てたり追いつめられたりすることなくきちんと処理できていることを表します。
このように、夢の中における怪獣とあなたの関係性は、あなたを精神的に圧迫する物に対するあなたの意識を伝えてくれるものなのです。
怪獣に追いかけられた夢を見たときには、現実世界であなたを圧迫しているものが何なのか、整理してみるといいでしょう。